カテゴリーページ

使い捨てメール spamavert

http://spamavert.com/


メールアドレスをコピーするのが面倒だけど、日本語もきちんと表示され、レスポンスも良い。
使用時間がどこにも書いてないので、いつまで使えるのか少し不安でもある
spamavert1.jpg
転送は出来る、返信も出来そうだけどOperaでHPを開いた場合下の図の選択肢が表示され、我が家では「Opera Mailのアカウント作成」はしたくないので、「システムのデフォルトを使用」と「ウエブメールサービスを使用する」を試した。
spamavert2.jpg
「システムのデフォルトを使用」ではWindows7にデフォルトのメーラーが無いためか無反応(ちゃんとThunderbirdPortableはInstallしてある)
「ウエブメールサービスを使用する」では、Yandex、Fastmail、Mailruの3つの選択肢が出てくるが、どれもLoginしないと使えなかったので、各WebMailのHPが開くことだけ確認した。

使い捨てメール Tempail

http://www.tempail.com/temp-email

Tempail
標準で1時間使えるメールアドレスが取得できる。
アクセスするとメールアドレスが表示されているので、赤枠内の「Copy to Clipboard」を左クリックしクリップボードにコピーしておき、目的のHP等でペーストしてやる。

メールが来ているかどうかの確認は、赤枠内の「Reload」を左クリックする。
時間を延長したい場合は、一番下にある「Give full 1 Hours again」をクリック
日本語表示可能だが、表示させると全ての行がセンターリングされていて非常に読みにくい。
また、届いたメールを閲覧し最後の行に「Reply」ボタンがあるがうまく返信できなかった。

使い捨てメールの追加

http://www.guerrillamail.com/

guerrillamail
簡単な使い方
赤枠内の「Copy to clipboard」ボタンをクリックし、クリップボードにメールアドレスをコピーしておき、送信先メアド欄にペースト。
「update in: ○ sec.」の所が 0 sec になるまで待てば、自動でリロードされメールが届いているかがわかる。
「Your address expires in...」の右側に使用できる時間が表示されている、もし時間を延長したければ、その右側の「Extend」ボタンを左クリックすることで、1時間延長される。

日本語表示可能

Turbo USBの性能は如何に

まずは、Driverが最新か確認してみる、ググってすぐ見つかったが、以下にコレクト
http://buffalo.jp/download/driver/hd/turbousb.html
現時点の最新版が添付されていたので、ここからはDLせず
USB内にあったDriverを使用

まずは、FDBench
FDBenchA.jpg
MDBA.jpg
Michael's Disk Benchmark for Windows 95 - Test Results

Drive H: 128mb Test-File
Test-data: Zeroes

Cached Non-Cached
Sequential Write: 5821 kb/sec 3204 kb/sec
Sequential Read: 1048576 kb/sec 36963 kb/sec
Random Write: 215 kb/sec 79 kb/sec
Random Read: 929588 kb/sec 20066 kb/sec

HDBenchA.jpg
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor No Data 2208.58MHz[AuthenticAMD family F model 5 step 1]
VideoCard ASUS Extreme AX300 Series
Resolution 1920x1200 (16Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2010/12/18 11:42

RAIDCore(tm) BC4000 Series RAID Controller
RAIDCOREArray 1

NVIDIA nForce4 Parallel ATA Controller
HL-DT-ST DVDRAM GSA-H42N

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
7764 0 0 0 0 0 0

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
0 0 0 0 37869 5830 2882 H:\100MB


今回はUSB内にあったDriverを使ったけど、Buffaloの製品が何かあればDL
出来るみたいなので、Driverだけでこれだけ向上するのなら、入れてみるのも良いと思う。

Turbo USB のうたい文句につられて

USBメモリを買ってしまった
Buffalo RUF-C8GS-BL/U2 \1980
早速ベンチを取って比較してみようと思う


まずは、Turbo USB Driverなしの性能は以下のとおり
FDBenchB.jpg
MDBB.jpg
Michael's Disk Benchmark for Windows 95 - Test Results

Drive H: 128mb Test-File
Test-data: Zeroes

Cached Non-Cached
Sequential Write: 5090 kb/sec 3175 kb/sec
Sequential Read: 1048576 kb/sec 21076 kb/sec
Random Write: 181 kb/sec 79 kb/sec
Random Read: 1048576 kb/sec 20660 kb/sec


HDBenchB.jpg
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor No Data 2208.58MHz[AuthenticAMD family F model 5 step 1]
VideoCard ASUS Extreme AX300 Series
Resolution 1920x1200 (16Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2010/12/18 11:42

RAIDCore(tm) BC4000 Series RAID Controller
RAIDCOREArray 1

NVIDIA nForce4 Parallel ATA Controller
HL-DT-ST DVDRAM GSA-H42N

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
5600 0 0 0 0 0 0

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
0 0 0 0 27645 4829 1125 H:\100MB
タグ:TurboUSB

CPU更新を検討中

休眠中のMBをそろそろ復活させようとHPを見ていたら、良いところを見つけたのでコレクトしておきます。

CPU-Upgrade

CPUの更新を考えるのに、MBメーカーのHP見るより簡単に対応するCPUがわかるので、とっても便利

使い捨てメールアドレス GetOneMail

http://www.getonemail.com/

ですが、ブラウザによっては下記のアドレスの方が良いです。

http://www.getonemail.com/index.php?slang=EN

使い方
上記のURLに行くと、次の画面が表示されるので
GetOnemail01.jpg

1 「Copy to Clipboad」を左クリックしメールアドレスをコピー

2 Get your Message欄の「Press to check mail」を左クリック

メールが来ていれば、上のイメージの右側に受信したメールが表示されます。

GetOnemail02.jpg

残念ながら、受信欄の文字コードを変更しても、日本語は表示できません。
英語、ヘブライ語、ロシア語のみに対応しているようです。
受信後は転送、削除、ファイルにセーブが出来ますが、送信は出来ないようです。

有効期間は、ログインしている時だけのようです。

使い捨てメール mailinator

http://www.mailinator.com/

に行くと、下図の画面になるので、特別にメールアドレスが必要なければ、左下の赤丸の中のアドレスをコピーし

mailinator1


「check your inbox」の窓に先ほどコピーしたメールアドレスを貼り付けて、「GO」をクリックする。
下図の画面になるので、「Subject:」の下のメールタイトル(赤丸内)をクリックする

mailinator2


下図のように日本語も問題なく表示される
mailinator3

メールアドレスが、owgqmzudmwcfj@mailinator.comだった場合、ブラウザのURL欄に直接「http://www.mailinator.com/maildir.jsp?email=owgqmzudmwcfj」と入力しても、上図の画面になり、メールが読める。


使用可能時間は数時間(と、HPに書いてあり正確な時間は不明)で、受信のみ可能、送信は出来ない

使い捨てメアド、10分メール

ここにアクセスすると、10分間だけ使える専用のメールアドレスが表示されます。

そのアドレスにメールを送信してみればわかりますが、キチンとウェブ経由で受信でき、件名や本文なども日本語で普通に表示されます。

受信したメールアドレスからは返信することも出来、返信を作成中の日本語の表示も問題なく出来ます。

10分間何もしないとそのメールアドレスは無くなるのですが、「もう10分延長! 」をクリックし時間を延長することも可能です。

一時的に使いたいメアドが欲しい場合には最適です。

http://10minutemail.com/

USBフラッシュメモリー購入JetFlashV30

USBフラッシュメモリーを秋葉原のTwoTopにて購入しました.
形式:JetFlashV30(TS2GJFV30)
メーカー:Transcend(http://www.transcend.co.jp/)
容量:2GB
価格:1499円
で、早速ベンチマークを行いました

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor No Data 2212.87MHz[AuthenticAMD family F model 5 step 1]
VideoCard Radeon X1600 Series
Resolution 1600x1200 (16Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2008/02/23 17:32

RAIDCore(tm) BC4000 Series RAID Controller
RAIDCOREArray 1

NVIDIA nForce4 Parallel ATA Controller
Optiarc DVD RW AD-7170A

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
3639 0 0 0 0 0 0

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
0 0 0 0 14336 4893 2604 I:\100MB
JetFlashV30HD.jpg

FDBench
JetFlashV30FD.jpg

 期待はしていなかったけど、こんなに遅いとも思っていなかったので、かなりがっかりしています。
WindowsVistaには当然「対応」と書いてあるけど、Windows ReadyBoostには未対応のようです。
いまだにWin2Kを使っている私としては、Windows ReadyBoost未対応でも一向に構わないけど・・・なんだかね
まあ、安かったから良しとしましょう。

巨大ファイルの送付方法

久しぶりの書き込みです、最近大きなファイルを送ることがあるので
ちょっと調べてみました、忘れないうちに書いておきます。

10MまでのファイルならGooglehttp://www.google.co.jp/のメールで送れます。
注意点としては、送る相手のプロバイダーのメールサーバーの受信サイズが最大何メガか調べてから送ること、1〜5Mの所が多いようなので、何も考えずに送ると相手が受信できません。

利点:添付ファイル数無制限、全角ファイル名OK、送受信が簡単
欠点:Googleのアカウントが必要、送信先の受信サイズ制限


100Mまでのファイルは、データ便http://www.datadeliver.net/
送付ファイル数が10個までしかないので、圧縮するなど、ファイル数を考えて送る必要がありますが、相手の受信サイズ制限を考えなくても良いので、こっちのほうが便利かもしれません。受信した相手は、メールに書かれているリンクをクリックし、ブラウザでDLします。

利点:ユーザー登録不要、全角ファイル名OK、送受信が簡単
欠点:送付ファイル数10個、受信期限3日

RAIDCoreのBC4852のリビルド(Rebuild)方法

昨日秋葉原で買ってきた、カートリッジ不要のリムーバブルケースEX-SARC1Bを1号機に取り付け早速作動試験を行ったのですが、やっぱりRAIDCoreのBC4852のRAIDを壊してくれました。
こう何度もRAIDを壊してくれるのとは思っていなかったのですが、どうもBC4852の問題のような気がしてきました、前回2号機で出た症状とまったく同じで、M/BのSTATのIDE0に接続したらBC4852のDisk0が壊れてしまいました。
久しぶりにリビルド(Rebuild)したので、やり方を忘れていて思い出すのに時間がかかってしまいました、忘れないうちにここに書いておきます。

RAIDCoreのBC4852のリビルド(Rebuild)方法


 BC4852付属ソフトのRAIDConsoleをインストールする

 RAIDConsoleを起動

 RAIDConsoleの右上の窓の、壊れたDisk(今回はDisk0)の上で右クリック

 Optionsと表示された窓が開くので真中のRemove as Global Spareを選択した後OKをクリック
BC4852Rebuild2.jpg

 約4時間待つ(長いな〜〜)
BC4852Rebuild1.jpg

 自動的にRAIDの検査が始まる

 完了

まあ、時間はかかるけどHDDのデータを全く壊すことなく復活するので「良し」としましょう。
タグ:RAIDCore BC4852

RAIDCore BC4852 VS RocketRAID 1820A

ASUS M2N32 WS Professionalでベンチマークを色々取っていますが、画像をUPするのに疲れてきましたので、対比表を作ってみました。
RAIDCore BC4852とRocketRAID 1820AとOnBoardのnForce 590 SLI MCPでHDDはHDT72252SDLA380を6台の構成です。
RAIDカードそれぞれのRAID0とRAID5を比較できるようにしてみました。
相変わらず、表形式の投稿のやり方がわからないので、結果は下の通りです。

4852VS1820.htm

OnBoardもRAID0で使うなら結構良いスコアになっています、ただRAID5で比べるとWriteがとっても遅く使えません。
BC4852はFDBENCHのWeiteが異常に遅いですが、HDBENCHのWeiteの値のほうが体感に近いと思います。
タグ:M2N32 1820A BC4852

ASUS M2N32 WS Professional我が家での不具合

さて、ASUS M2N32 WS Professionalですが、各種ベンチマークを測定したので、予定通りRAIDCore BC4852を組み込んで、普通に運用できるようにセットアップしました。
ベンチマークを取ったりRAIDを組替えたりで、何度もWindows2000(SP4済み)を入れなおしましたので、その際に発生した不具合事項をまとめておきます。

1 音源Driver
  付属のCDから自動でセットアップすると必ずInstallに失敗する。
 ○対策
  PCIに「!」マークの付いたPCIデバイスがいるので、ドライバーを再検索させる。

2 eSATA
  M/B上のeSATAにHDDを接続すると「取り外し」アイコンが表示されると思って
  いたが表示されない。
 ○対策
  デバイスマネージャーから該当HDDを右クリックで削除(面倒なので実用にならず)

3 SATA
  M/B上のSATAにHDDを接続すると「取り外し」アイコンが表示される。
  また、問題なく取り外せる(メインのHDD取り外してどうすんだ!)
  その上、同形式のHDDを繋ぐと全て同じHDDの形式が表示され
  どれがどのポートにつながってるかわからない
 ○対策
  調査中(わかる人教えてください)

4 SATA及びeSATA
  SATA又はeSATAにHDDを繋ぐとRAIDCore BC4852のRAIDを必ず破壊する。
 ○対策
  調査中(わかる人教えてください)

静かで、発熱も前よりかなり少なくなったし、結構気に入っていますが、特に4番目はこのM/Bに決めた理由の一つで、BuckUpをいまのEATAのHDDからSTATに変えるためにeSATAを利用するためだったので、とっても痛いです、NETでかなり調べてつもりですが、対策を発見できず買ったばかりで買い替えを検討中。
BC4852のRAIDを壊すと再構築に12時間くらいかかるのでとっても困っています。

M2N32 WS ベンチマーク4 On Board RAID5

M/B ASUS M2N32 WS Professional
CPU Athlon64X2(AM2) 4600+ Dual-Core
MEM UMAX DDR2-800 1GMB CL5 X 2
VGA ASUS Extreme AX300
NIC On Board
RAID On Board
HDD HDT72252SDLA380 3〜6 (RAID5)
SOUND On Board
DVD-RW AD-7170A
Video capture MTV-1000


RAID5(HDD3台)
HDBench.jpgFDBench.jpg
CristalMark.jpg

RAID5(HDD4台)
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystlMark.jpg

RAID5(HDD5台)
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystalMark.jpg

RAID5(HDD6台)
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystalMark.jpg

ふぅ、結構疲れました
RAID5も思っていたより成績は良いので、最近のOn Boardデバイスは結構使えますね

M2N32 WS ベンチマーク3 On Board RAID1,0+1

On Board RAIDの速度の続きです
書き忘れていましたが、RAIDに使っているHDDは全て
Hitachi Deskstar HDT722525DLA380です

RAID1(HDD2台)
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystalMark.jpg

RAID0+1(HDD2台)
未測定

RAID0+1(HDD4台)
HDBench.jpgFDBench.jpg
CristalMark.jpg

RAID0+1(HDD6台)
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystalMark.jpg

On Boardだから、大した事ないと思っていましたが、なかなかの成績で
RAIDカードを持っていないなら、十分実用になる速度と思います
でも、私はRAIDCore BC4852で運用予定

M2N32 WS ベンチマーク2 On Board RAID

たまたま、RAIDCore BC4852でRAID5構築後に何度もRAIDを壊してしまったので、少し冷静になるために(なんのこっちゃ?)M2N32のOn Board RAIDの速度を計ってみました。

まずはRAID0x2
HDBench.jpgFDBench.jpg
CristalMark.jpg

RAID0x3
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystalMark.jpg

RAID0x4
HDBench.jpgFDBench.jpg
CristalMark.jpg

RAID0x5
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystalMark.jpg

RAID0x6
HDBench.jpgFDBench.jpg
CrystalMark.jpg

結構長くなったので、RAID1・5は別記事とします。

M2N32 WS Professional ベンチマーク

2号機をASUS M2N32 WS Professionalに変更したのでベンチマークを取り直しました
M/B ASUS M2N32 WS Professional
CPU Athlon64X2(AM2) 4600+ Dual-Core
MEM UMAX DDR2-800 1GMB CL5 X 2
VGA ASUS Extreme AX300
NIC On Board
RAID RocketRAID 1820A
HDD HDT72252SDLA380 X 5 (RAID5)
SOUND On Board
DVD-RW AD-7170A
Video capture MTV-1000

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor No Data 2409.43MHz[AuthenticAMD family F model B step 2]
VideoCard ASUS Extreme AX300 Secondary
Resolution 1152x864 (16Bit color)
Memory 2095,396 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2006/09/24 10:39

HDBENCH330.jpg

FDBENCH Ver1.01
FDBENCH101.jpg

CrystalMark09
CrystalMark.jpg

DiskSpeed32
DiskSppe32.jpg

Install時の不具合もありましたが、別の記事にまとめることにします。

S2885で動かないメモリー

Tyan Thunder K8W S2885を中古で購入、1号機の構成を変えました。
でPC3200のメモリも購入しましたが、やっぱり認識しませんでした。
で、動かないメモリーをまとめておきます。

Infineon
HYS72D64000GR-7-A
A2W1411400B
512M,DDR,133MHz,CL2,ECC,REG
*2枚セットで使用、認識すれどエラーの山

Samsung
PC-2100R-25331-Z
M312L3310ETS-CB0Q0
256M,DDR,PC2100,CL2.5,ECC
*2枚セットで使用、認識せず

Samsung
PC-2100R-25330-M0
M312L6420DTD-CB0
512M,DDR,PC2100,CL2.5,ECC
*1枚で使用、認識せず

メーカー不明
DR-260R-256M
AX200003393U
*1枚で使用、認識せず

今回購入
Hynix
HYMD564G728BF8N-D43 AA
512M,DDR,400MHz,CL3,ECC
*2枚セットで使用、認識せず


K8DMaste-Fでもほとんど同じ傾向だった。
BIOSのメモリー周りの設定は変更していないので、私の設定ミスの可能性もあるが
認識しないメモリを挿しておくと、はBIOSにも入れないからやっぱり相性の可能性大

ちなみに、上記の全てのメモリは2号機のA7M266Dや過去に使っていたK7d Master、Tiger MPX等で問題なく使っていました。今回購入したDDR400もA7M266Dで問題なく動くことを確認しています。

オプテロンで正常動作する手持ちのメモリは以下の通り

メーカー不明
PC266CL2.5
100020531
PC2100,DDR,512M,ECC,REG
*2枚で使用、MemTest86半日でもOK

そういえば、ココまで書いて思い出しました、このメモリはアスロンのM/Bでは動かなかったな〜。

1号機と2号機の比較表

比較表をExcelで作って、UPしようとしましたが、上手く出来ませんでしたので下のリンクをクリックして下さい。
No1No2Hikakaku.htm

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。