カテゴリーページ

筆まめVer.21 アップグレード・乗り換え専用版のインストール

1 DVDをDVDドライブに入れる(Windows7/Vistaでは、表示された画面で「Autorun.exeの実行」を左クリック。確認メッセージが表示されたら「続行」ボタンを左クリック)

以下の画面が表示されるので、「筆まめVer.21のインストール」と書いてあるボタンを左クリック
mame01.jpg
インストール画面が表示されない場合は、以下の操作を行う。
(1) デスクトップ上の[コンピュータ](または[マイコンピュータ])をダブルクリック。
(2) CD(またはDVD)のアイコンを右クリックし[開く]をクリック。
(3)[Autorun]ファイルをダブルクリック。

2 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されるので「はい」を左クリック

3 セットアップ画面が表示されるので、「旧筆まめシリーズを所有」ラジオボタンをチェックし「次へ」を左クリック
mame02.jpg

4 ユーザー名が入力されていることを確認し「シリアルNo」を入力し、「デスクトップにショートカットを作成する」のチェックを外し、「インストール」を左クリック
mame03.jpg

5 「セットアップが完了しました」と表示されるまで待ち、「完了」を左クリック
mame04.jpg

6 「ツールのインストール」画面になるので、すべてのチェックを外し、「次へ」を左クリック
mame05.jpg

7 2の画面に戻るので、右下の「終了」を左クリック

筆まめを起動するには、Windowsの[スタート]-[すべてのプログラム]-[CREO Windows アプリケーション]-[筆まめVer.21]-[筆まめVer.21]の順に左クリック。

デーモンツールとSPTD.SYS

Alcohol52%で失敗したのでデーモンツールで行こうとdaemon4303-lite.exeをInstallして再起動したら、Alcohol52%と全く同じ症状で起動出来なくなってしまいました。

どっちのツールも同じSPTD.SYSを使っているようで、Netで調べてみたら
http://teamcroud.fc2web.com/vistafaqapp.html
こんなページを見つけて、やってみたけど全く改善されず、やっぱWindows2000SP4では駄目なのかもと思いつつ、仮想ツールの使用は諦めるしかないようです。

Alcohol52%とSPTD.SYS

mdsファイルをマウントしたくて、Alcohol52%(Alcohol52_FE_1.9.8.7507.exe)をInstallしてDVD1枚コピーした後、PowerDVDをInstallして再起動したら、起動出来なくなってしまいました。

無限に再起動を繰り返すようになってしまい、PowerDVDを削除しようとセーフモードで起動するも、PowerDVDの削除はエラーとなり出来ないし、アプリケーションの追加と削除にはAlcohol52%は無く削除も出来ない状態、結局セーフモードでマイコンピュータから手動でAlcohol52%とSPTD.SYSを削除して一応復旧させました。

まったくWindowsも困ったものです、ドライバー1個駄目なだけで起動できないようではOSとして失格です。早くWin以外のまともなOSが欲しいです。

動画等のDLサービス

Vid-DL
http://www.vid-dl.net/
ダウンロード可能な動画サイト:
YouTube,Dailymotion,Veoh,mncast,GUBA,AmebaVision,mgoon,iFilm,Metacafe,Stage6,Porkolt,LiveVideo,Daum,GoogleVideo,Jumpcut,Tagstory,Aura,Hoosoo,ニコニコ動画,Crunchyroll,Tudou,Mofile,Tvix,FLURL,Badongo,Mojoflix,uume,pandora.tv,なんとか動画,XMOE,FC2動画,Youku,Myspace,Any6,Sina,Eyespot,Zoome,Pomoho,Vreel


DL-Video
http://www.dl-video.net/
ユーチューブ、デイリーモーション、ヨウク等、90以上の動画共有サイト

GetWMV
http://yourfilehostwmv.com/
H系動画YourFileHostのWMVファイル専用

SONYYOUTUBE
http://www.sonyyoutube.com/
対応サイト最多と思われるサイト
対応サイトが多すぎるので、細部は省略!

vixy-net
http://vixy.net/
対応サイトは少ないが、iPod用MPEG4、その他の携帯用3GP形式に変換しながら保存できる。動画を持ち歩きたい人向け。

Google Videoの保存方法

Google Videoをいつでも見えるよう自分のPCに保存する方法は思ったより簡単でした。

まず、保存したいGoogle Videoをブラウザに表示させて、URLをコピーしておきます。
次にhttp://feelingtea.com/decode/google/index.phpのHPを開き上のほうの窓にさっきコピーしておいたGoogle VideoのURLを貼り付けて、その右横の窓の「Any site」となっている所を「Google」を選択して、「GET」を左クリックします。
feelingtea01.jpg

そうすると
feelingtea02.jpg
こんな画面が表示されるので、「CLICK HERE TO DOWNLOAD」を左クリックしてください、あとはブラウザのDL画面が出るので、適当なフォルダーに保存してください。

ただ、GoogleのVideoはFLVビデオ形式なので、Windows標準のメディアプレーヤではそのまでは再生できません。
http://www.wimpyplayer.com/products/wimpy_standalone_flv_player.html
から、Wimpy FLV PlayerのWindows版をDLしてInsatallすると見ることが出来ます。

この方法は、http://feelingtea.com/decode/google/index.phpが無くなってしまうと使うことが出来ませんが、特別なソフトをインストールすることなくブラウザのみで保存できるので、結構便利だと思います。

Stirlingを使ってパッチを当てる

バイナリエディタを使って実行ファイルにパッチを当ててみます。

まず、私が良く使っているエディタStirlingをダウンロードします。
ベクタならhttp://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se079072.htmlから

インストールして実行し、パッチを当てる目的のファイルを開きます

Stirling1.jpg

16進数が一杯表示されています、その一番上の黄色の行がファイルのアドレスを表しています左のたての列ADDRESSの00000000から下に10づつ増えているところを、ここでは便宜上親アドレスと呼びます、また、中央付近の00〜0Fを子アドレスと呼ぶことにします。

Stirling2.jpg

ファイルを開いたばかりのときは、親アドレスが00000000と子アドレス00の交わったところの「FF」の左の「F」が点滅しているはずで、今カーソルは00000000にあります。
さて、パッチを当ててみます、パッチのデータは大体次のような感じになっているので

*○○○○ var.4.01.7
FILENAME ○○○○○.exe
00000001: D8 EB
00019DB5: 75 EB
00019DB6: 44 00
00019DB8: 19 00

まず、キーボードのカーソル移動キーの右矢印「→」を押しアドレス01に移動します
どうですか、「01」の下のD8の左側の「D」が点滅しているでしょうか?
点滅していたらキーボードから「E」と「B」を押しデータを変更します

次のアドレスは「19DB5」です、かなり画面の下のほうですね
今度は、Stirlingのメニューバーの「検索・移動」をクリックし「指定アドレスへ移動」を選択し、19DB5を入力し「OK」をクリックします

Stirling3.jpg

アドレス19DB5に移動しましたから「E」「B」と入力すると19DB6に移動するので、「0」「0」を入力します、カーソルは19DB7に移動しました、カーソル移動キーの右矢印「→」を押し19DB8に移動「0」「0」を入力します

さあパッチ当ては終わりました、「ファイル」「上書き保存」して下さい、保存が終わると「○○○○○.exe.bak」と言うバックアップファイルが自動的に作成されます、
オリジナルのファイルはいざと言う時のため、このまま保存しておきましょう。

GETHTMLを使ってHPを保存してみる

まずはGETHTMLを探してインストールします
ベクターなら
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se077067.html
から落とせます

ダウンロードしたファイル(今はgethtmlw-7.14.1.exe)をダブルクリックして、適当なフォルダー(ここではG:\GETHTML)に解凍すると、GETHTML.TXTが自動的に開くので、後でよく読むことにして、一度閉じる。
マイコンピュータからG:\GETHTMLを開きgethtmlw.exeを開く

GETHTML1.jpg
GETHTML2.jpg

と、GetHTMLが起動するので、「取得」→「WebPage取得」を選択する

GETHTML3.jpg

が表示されるので、ブラウザーのURLをコピー&ペーストして実行をクリックする

GETHTML4.jpg

こんな感じで取得し始め取得が終わると

GETHTML5.jpg

と表示されるので、「OK」をクリック

GETHTML6.jpg

と表示されるので、「OK」をクリックしてブックマークに登録する

GETHTML9.jpg

と、家のアイコンが表示されるので家のアイコンを右クリックして「Fileとして開く」を選択するとブラウザーが開き、HPを見ているごとく閲覧できる。

ただし、拡張子がarc|gz|exe|lzh|zip|zoo|hqx|cab|aif|au$|ra|wav|mp|mov|avi|pdf|mid|jp[eg]|gif|bmpなどはフィルターでダウンロードしないよう設定されているので

GETHTML3.jpg

の「条件指定後実行」をクリックし

GETHTML7.jpg

の「フィルター編集」をクリック(「拡張子/文字列フィルターを使う」チェックをはずすと本当に全部落ちてくるので、薦めません)

GETHTML8.jpg

ここからダウンロードしたい拡張子、たとえばPDFなら「|pdf$」を削除して「OK」を押しフィルターを設定しなおしてから「取得済データの取得条件」を「全取得」にした後「WebPage取得」を行う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。